福祉・介護系の施設の一つにケアハウスと呼ばれる施設があります。

福祉・介護系の施設のケアハウスは軽費老人ホームのC型とも言われています。

福祉・介護系の施設には、軽費老人ホームのA型とB型がありましたが、ケアハウスは福祉・介護系の施設の軽費老人ホームC型になります。

どのようなサービスを行っている福祉・介護系の施設なのかというと、食事がついている高齢者を対象にしているマンションです。

部屋は全室個室になっていて、食事や入浴、そのほか生活を送る上で何か困ったことがあった場合に相談員が相談に乗ってくれます。

ケアハウスと呼ばれる福祉・介護施設に入居できる人は、60歳以上の人で、何らかの体の機能の低下で自炊ができないと認められている人や、お年寄りで一人で生活することに不安がある人などが入居することができる福祉・介護系施設です。

健康であることが前提ですから、寝たきりになってしまったら退去しなければいけません。

福祉・介護系施設のケアハウスの費用は、入居する人の収入によって費用は変わってきますが、だいたい50000円から、150000円くらいが相場になっています。

介護保険の適応にはならない福祉・介護系の施設です。