福祉・介護系の保険の一つに介護保険と呼ばれる保険があります。

福祉・介護系の保険の介護保険は、住んでいる市町村などが保険者になって運営されている保険です。

福祉・介護系の介護保険は、40歳以上の人が加入者になって、保険料を負担する仕組みになっていて、介護などが必要な時などに、介護が必要であるという要介護認定を受ければ、介護に必要な費用の一部を負担するだけで、さまざまな福祉・介護系のサービスを利用することができるという保険です。

福祉・介護系の介護保険は、40歳以上になったら保険料を市町村へ納めます。
そして介護が必要になった場合には、要介護認定を市町村に申請します。

そして市町村が要介護認定をすれば福祉・介護サービスを利用することができるようになります。

この際、福祉・介護系の介護保険の適応になるために、介護報酬の9割を市町村が負担してくれますからサービスを利用する人は、福祉・介護系のサービスを利用した料金の1割普段だけで済むというシステムになっています。

福祉・介護系のサービスを提供してくれているところは、介護サービス事業者などが中心になって行われています。

被保険者は、保険料を納めて福祉・介護系サービスをるようするための要介護認定の申請を行うことになります。