福祉・介護系の施設の一つに、短期入所生活介護と呼ばれる施設があります。

これは一般的には福祉・介護系のショートステイと呼ばれる施設です。

福祉・介護系の施設には入所介護型の施設と在宅介護型の施設がありますが、ショートステイは、在宅介護型の福祉・介護系の施設に分類されます。

短期入所生活介護のショートステイでは、在宅生活をしている高齢者などが必要な時だけ一時的に入所していろいろな福祉・介護系のサービスを受けることができるというシステムになっています。

たとえばどんな時にこの福祉・介護系の短期入所生活介護のショートステイを利用するのかというと、普段在宅で介護している人がたとえば、冠婚葬祭で忙しい時や、病気などで介護ができないとき、介護疲れがでてしまって介護が難しいという場合などに、対象となる人の支援や介護が必要であると認定されれば、短期入所生活介護のショートステイを利用することができます。

福祉・介護系の施設の一つであるこのショートステイは、介護保険の適応になっています。

介護する度合いによってその費用は変わってくるのですがだいたい一日に1000円くらいがかかってくるのではないかといわれていますから比較的低料金で利用できます。