福祉・介護系の仕事のひとつに福祉住環境コーディネーターの仕事があります。

具体的には、どのような仕事を福祉・介護系の福祉住環境コーディネーターは行うのかというと、お年寄りや体が不自由な人を対象にして、どうすれば住みやすい環境を作れるのか、提案したり、アドバイスをするのが仕事です。

福祉・介護系の福祉住環境コーディネーターが、医療機関や福祉施設の建築の際に、住みやすい環境を作るために適切にアドバイスをすることで、体の不自由な人や、お年寄りでも気持よく生活できる空間が作られます。

福祉・介護系の福祉住環境コーディネーターの資格は公的な資格になっています。

福祉・介護系の施設や建物に関するアドバイスだけでなく、福祉用品などのアドバイスなども具体的に行っています。

福祉・介護系の福祉住環境コーディネーターの資格は1級から3級まであり、2級3級は特に受験資格はありませんが1級は2級合格者であることが条件です。

福祉・介護系の福祉住環境コーディネーターの試験は、全国の47都道府県の287の会場で行われています。

合格率は3級は48パーセント、2級が45パーセント、1級になると2.5パーセントですから級が上がるごとに難しくなっています。