福祉・介護系の仕事のひとつに視能訓練士の仕事があります。

この福祉・介護系の仕事の視能訓練士の仕事はどのような内容になっているのかというと、両目の視機能に障害を持っている人が機能を回復させることができるようにするために、訓練をする仕事です。

福祉・介護系の視能訓練士の仕事は医師が指示したとおりに検査や矯正をして医師の治療をサポートするというのが仕事の内容です。

具体的に福祉・介護系の視能訓練士が行う作業としては、正確な診断をすることができるように、検査をしたり、弱視や斜視に人に矯正するのが仕事です。

福祉・介護系の視能訓練士の資格は国家資格になり、厚生労働省の管轄です。

視能訓練士の養成施設で勉強をして必要な知識や技能を習得した人なら、資格試験を受験することができます。

福祉・介護系の視能訓練士の資格試験は東京と大阪で毎年1回試験が行われています。

合格率は96パーセントを上回っていますから、しっかりと勉強をした人なら合格するといわれています。

資格を取得してからは、福祉・介護系の施設で働くことができるのですがたとえば、眼科や診療所、医療機関の研究所などで働くことができるといわれていますからさまざまな場所での活躍が期待できます。