福祉・介護系の仕事のひとつに言語聴覚士の仕事があります。

福祉・介護系の仕事の言語聴覚士の仕事は、言葉などが原因でコミュニケーションをとることができない人を対象にして、専門のサービスを行ったり、自分にあった生活を送ることができるようにサポートするというのが仕事です。

他にも、福祉・介護系の言語聴覚士の仕事としては摂食などの問題にも対応できる知識などを持っています。

あまり一般には福祉・介護系の言語聴覚士の仕事というのは知られていませんが、医療機関や保健機関、福祉機関などで活躍していて、教育機関などでも活躍している人もいます。

コミュニケーションをうまくとって生活しやすいように、言葉や聴こえについて、サポートするのが仕事です。

福祉・介護系の言語聴覚士は国家資格で厚生労働大臣が認定して免許を交付しています。

毎年年に一回試験が行われています。

試験を行っているのは、北海道、東京、愛知、大阪、広島、福岡の6都道府県です。

受験料は35700円と少し福祉・介護系の資格試験の中では高めです。

合格率も55パーセントと、それほど高くないのが特徴です。

資格を取得してからは、福祉・介護系の施設であるリハビリテーションセンターや介護老人保健施設、幼稚園や小学校などで働くことができます。