福祉・介護系の施設のひとつに、軽費老人ホームと呼ばれる施設があります。

福祉・介護系の施設の軽費老人ホームといって二種類あります。

まず、福祉・介護系施設の軽費老人ホームA型と呼ばれる施設は、日常生活に必要なサービスなどを行って、食事は給食が出ます。

入所する人は、自分で契約をして、入所を決定します。福祉・介護系の軽費老人ホームA型に入ることができる人の条件は、住宅で普通に生活をするのが難しい60歳以上の人が対象になっています。

気になる費用ですが生活費が大体5万円くらいと、事務費などが収入などによって変わってるのですが一万円から10万円以内だといわれています。

それに比べて福祉・介護系の施設の軽費老人ホームB型と呼ばれる施設の方は、A型と大きく違っているのは、食事が自炊であることです。

食事が自炊であるために、自分で用意しなければいけませんからその分利用料も福祉・介護系の軽費老人ホームA型に比べると安くて5千円くらいとそして自分が使う生活費だけで済みます。

福祉・介護系の施設である軽費老人ホームのA型B型ともに、どちらも、介護保険の適応外ですが、比較的安い費用で入居できることから人気がある福祉・介護系の施設になっています。